ecopro湘南

いちばんおトクな
エネルギー選びの総合サービス

tree
tree
tree
tree
tree
tree
tree
tree

省エネ製品

  • IHクッキングヒーター
    エコキュート
  • ガラストップコンロ
    エコジョーズ
    エコワン
  • 家庭用燃料電池
    エネファーム

IHクッキングヒーター・エコキュート

エネルギーは電気のみ。
生活スタイルと電気料金プランを合わせ、エコな生活を実現します。

IHクッキングヒーター・エコキュート

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、火を使わず鍋自体を発熱させ調理できるので、直火の引火や立ち消えの心配がありません。
切り忘れ防止などの安全機能も充実しています。
天板もフルフラットなので、油汚れもサッとひと拭きでお手入れが簡単です。

エコキュート

エコキュート

空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かすのがヒートポンプ技術です。
この技術を利用し、大気の熱でお湯を沸かす給湯器がエコキュートです。
ヒートポンプでは、少ない電気エネルギーから多くの熱エネルギーを取り出すことが出来るため、とても効率的です。
家族の人数や設置スペースに合わせて、貯湯タンクの容量や形状を選べます。

オール電化

オール電化

オール電化住宅は、家庭の全てのエネルギーを電気でまかなう住宅です。
上記のIHクッキングヒーターやエコキュートを利用するのが標準です。
多くの電気を使うので、東京電力では時間帯によって電気代が安くなる料金プランが用意されており、昼間の電気代より割安な深夜電力でお湯を沸かすことが出来るので、とても経済的です。

またオール電化住宅の場合、炊事・給湯・冷暖房に火を使わないので火災のリスクが非常に少なくなります。
その為、火災保険への特別割引が適用されるケースもあります。

詳しくは、弊社担当者にご確認下さい。

ガラストップコンロ・エコジョーズ・エコワン

主なエネルギーはガス。
省エネ性能をアップさせ特に電気とガスのハイブリット給湯器は抜群です。

ガラストップコンロ・エコジョーズ・エコワン

ガラストップコンロ

エコキュート

温度センサーが全てのバーナーと、グリルに搭載され、さらに安心・安全になりました。
天板がフラットで五徳やバーナーも小型化され、お手入れ簡単。
サッとひと拭きで汚れを落とせます。

異常時には火を消す機能も充実。
魚は自動で焼き上げるオートグリル機能など便利な機能もあります。
専用土鍋で自動炊飯も可能。
停電時でも使用できます。

エコジョーズ

エコジョーズ

従来の給湯器熱効率が80%であるのに対し、排熱を再利用する仕組みを設けたエコジョーズでは95%もの高い熱効率を実現。
ガスの使用量を節約しCO2も削減します。

「給湯」に加え「追い炊き」にも排熱を利用するタイプをWエコジョーズと呼んでいます。
燃焼効率がさらに上がり、光熱費とCO2を削減します。

エコワン

エコワン

エコジョーズとヒートポンプを組み合わせ、効率よくお湯を作るハイブリッド給湯器です。
ガスと電機のいい所取りのエコワンは、湯切れの心配がないため、時間帯や湯量を気にすることなく、いつでも快適にお湯を使用できます。
この1台で給湯だけでなく、床暖房や浴室暖房乾燥機など温水暖房にも利用できます。

詳しくは、弊社担当者にご確認下さい。

家庭用燃料電池
エネファーム

エネファームは、都市ガス・プロパンガスから水素を取り出して、
空気中の酸素と化学反応発電する燃料電池です。

家庭用燃料電池 エネファーム

エネファーム

発電量は250Wから750W

[化学の実験を思い出してください]

水の電気分解は、水に外部からの電気を通して水素と酸素に分解しました。
燃料電池はこれと逆に、水素と酸素を化学反応させて水と電気を作ります。

水の電気分解 2H2O + 電気2H2
燃料電池 2H2 + O22H2O + 電気

発電の時に発生する熱を利用してお湯を作り、貯湯ユニットに貯めています。
発電した直流電気は、家庭用の交流に変換した後、分電盤で電力会社の電気と一緒になりご家庭で使用することができます。

冷蔵庫や待機電力といった常時使わなければならない電気をお湯をつくりながらエネファームでまかない、エネファームが発電していない時や、電力使用量の多い時には電力会社から電気を購入します。

火力発電所で発電する場合、発電で発生する熱の半数は捨てられています。
かつ、遠距離を送電することから送電ロスも発生していました。
家庭用燃料電池なら自宅で発電するので、発生する熱でお湯を作り出し給湯や暖房に利用できるので、エネルギー利用率がアップしました。
必要なところで必要なだけ電気を作ることから、地球の大切な資源を無駄にしません。

お湯の使用にあたっては、約60度のお湯を200リットル貯めています。
家庭で利用するお湯の温度は約40度くらいのため、使用できる容量は300リットル近くなります。
万一、お湯を使い切った場合にはバックアップ用の熱源機を備えているので、お湯切れの心配がありません。

詳しくは、弊社担当者にご確認ください。